調停を有利に導く服装

夫婦は1度結婚したら、生涯そのパートナーと過すことが望ましいのですが、必ずしもうまくいくとは限りません。子どもがいる場合はなおさら離婚はするべきではありませんが、しかし、夫婦生活の維持ができなくなってしまった場合はやむを得ません。そこで円満な離婚を促すための調停があります。

 
この調停は、家庭裁判所で行われる夫婦関係調整調停のことで、男女1人ずつの調停委員と呼ばれる中立の人間を入れて離婚について話し合われ、親権や養育費などについて決められます。ここでは服装などの見た目に注意する必要があり、親権を得たいのならばなおさらです。基本的にどんな服を着てもいいのですが、男女ともに派手な服や奇抜な服は好まれません。特に調停委員は年配の方が務めることが多く、普段当たり前の服でも異常だとみられてしまうことがあるので、男性ならば無難なスーツなどを着ることが望ましいです。また、男性の指輪やピアスなどは好まれません。女性の場合は、あきらかにおかしな服を着ていなければ大丈夫ですが、髪の色や厚化粧は印象を悪くしてしまうことがあるので注意が必要です。
このように着る服に注意することで調停を有利に進めることができる可能性が高くなります。”
調停の場合、裁判官だけでなく、調停委員の心証も結果にかなりの影響を与えます。したがって、離婚のように相互の主張が食い違う可能性が高い手続きの場合などは特に、状況説明が簡単に、的確にできるような資料を多数用意することが非常に重要になってきます。不貞行為などの相手方に落ち度がある場合には、口頭での状況説明だけでなく、写真や外出の記録、携帯などのやり取りの記録などを提出すると信憑性が増しますし、DVを受けていた場合には、病院で受診して診断書を用意しておくと、被害の度合いがはっきり分かりやすくなります。また、手書きの日記やボイスレコーダーなど、状況が明確に把握できるようなものがあるほど、調停委員も内容が理解しやすいですし、被害者に感情移入しやすくなります。調停委員というのは弁護士や司法書士といった法律の専門家だけでなく、法律関係にはそれほど関わっていない一般の人も含まれていますので、法的な証拠を用意しておくと共に、新正面でも有利になれるような文章や証拠を用意しておくと、和解をするときにも自分にとって有利な内容でまとまるように努力してくれますし、審判になったときにも自分に利益の大きい内容になりやすいです。

yjimageCANK1ZXO