調停離婚と協議離婚の違い

 

 

両者の違いを簡単に言うと話し合いをする場所が家庭裁判所かそうでないかと言う点と、間に人が入るか入らないかと言う点ですが、離婚の際には話し合わなければいけない事が沢山有ります。まずは当事者同士が、離婚するかどうかと言う所から何故離婚をするのか、もし離婚するのであれば財産分与及び慰謝料等、もし未成年の子供がいれば親権や養育費の話し合いをしなければなりません。この話し合いで全てにおいて当事者両者が同意出来れば、離婚届に署名捺印をして市区役所に提出すれば無事に協議離婚となります。

 

yjimageCANK1ZXO
しかしこれだけの内容の話し合いですから、当事者両者が同意しない事も有ります。何回か話し合いを繰り返してそれでも決着が着かない場合は、家庭裁判所に調停の申し立てを行う事になります。家庭裁判所としては婚姻関係の修復を是としていますので、婚姻関係の継続を期待する形で調停が始まります。当事者両者若しくは弁護士を通して、この調停に至ったいきさつを冷静に振り返りながら再度話し合いになります。間に裁判官が入る事で冷静になる事も有りますので、修復出来る夫婦もいますが、離婚には同意していますが、経済面で折り合いの着かない夫婦もいますのでその夫婦には冷静に決着を促し、経済的な問題を解決し離婚となります。協議離婚と比較して、冷静に話し合いが出来るのが大きな点です。